札幌の飛栄建設は抗酸化工法をいち早く取り入れ、シックハウス、アトピー、喘息などの症状に効果を発揮、きれいな空気で健康回復住宅をご提案。

  

  

  

 

■平成23年度住宅用太陽光発電導入支援復興対策事業

応募期間                                                                               平成23年11月25日(金)~平成24年3月30日(金)必着 

対象者                                                                                  住宅に対象システムを設置しようとする個人又は法人                                                      条件1:電灯契約を結んでいる個人又は法人(個人事業主を含む)但し、太陽光発電システムを設置して住宅を第三者に賃貸を行う場合は、その賃借人が電灯契約を結ぶこと                                                                   条件2:個人の場合は、国内クレジット制度に基づく排出削減事業等について実施に関する意思表明をすること(23年追加要件)

対象システム                                                                                                        :低圧配電線と逆潮流有りで連携していること                                                           :変換効率が一定の数値を上回るもの(太陽電池の種別ごとに基準値を設定)                                    :一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること                                                                   :公称最大出力が10kW未満で、かつシステム価格が60万円(税抜)/kW以下であること

制度の仕組み

補助金額                                                                                 4.8万円/kWの補助を実施

→詳しくはJ-PEC(太陽光発電普及拡大センター)まで

--------------------------------------------------------

■太陽光発電の余剰電力買取制度

太陽光発電による電気が、自宅等で使う電気を上回る量の発電をした際、その上回る分の電力を、1キロワット時あたり42円の価格で、10年間固定で電力会社に売ることができる制度です。買い取りに必要となる費用は、電気の使用量に応じて電気を利用する方全員で負担する「太陽光発電促進付加金」制度にてまかないます。

買取金額                                                                               1kWhあたり、42円(住宅用10kW未満)

買取期間                                                                               10年間

→詳しくは資源エネルギー庁(経済産業省)まで

  

  

  

計画された時点から設置後の保証まで、安全で安心なシステムを提供いたします。

  

  

  

北海道の無落雪屋根(スノーダクト屋根)でも安心して太陽光発電システムを載せることができる施工方法が誕生しました。         北海道特有の無落雪屋根に太陽光発電システムを載せる場合、いままでは屋根の板金に穴を開ける工法が主流だったため、雨漏りの心配がありました。冬期間の雪による結氷やスガモリの問題も発生します。                                           エコエネPVレールは、無落雪屋根に安心して設置できるとともに、設置後には太陽光パネルを解体することなく屋根の葺き替えやメンテナンスができます。

※PVとはPhoto Voltaic(フォト ボルテック)/『光発電』という意味です。

ポイント1                                                                                太陽光パネルを設置したことによる雨漏りの心配が解消されます。

ポイント2                                                                                太陽光パネル設置の基礎となる補強架台を「母屋」と呼ばれる構造部材に留め付けるため、冬期間の降雪や太陽光パネル・架台の重さで、家が傷む心配がありません。

ポイント3                                                                                   太陽光パネルや架台を撤去することなく、屋根の葺き替えやメンテナンスが行えます。

ポイント4                                                                                            「北海道エコエネPVレール」は既存住宅におけるリフォーム瑕疵担保責任保険の施工・検査基準に適合した工法として、保険法人から第3条認定を受けられます。既存の無落雪屋根に太陽光パネルを設置しても、リフォーム瑕疵担保責任保険に加入することが可能です。

→PVレールの詳細は一般社団法人北海道エコエネルギー技術協会まで

  

  

  

太陽光発電システムを設置することで、ご家庭の光熱費をらくらく節約。電気(通常料金)+都市ガスに比べて、光熱費を約104%もカット。光熱費ゼロが夢ではなく、上手くいけば“利益を上げる”ことさえできそうです。

※本シュミレーション結果は条件をモデル化した目安であり、お客様の省エネ効果を保証するものではありません。また、各メーカによって試算条件及びシステム性能が異なるため、参考値として下さい。(グラフには機器費用、工事費用は含まれておりません。)

<試算条件>○大坂で4LDKの一戸建て住宅に住む4人家族を想定。(関西電力・大坂ガスの料金単価を使用)○太陽光発電は、真南向きの26.6度の勾配屋根に、太陽電池容量4.14kW、太陽電池モジュール230W、パワーコンディショナ4kWのシステムを設置したと仮定して、気象データ統計値から発電量を予測。○太陽光余剰電力買取価格は42円/kWhで計算。○光熱費は電気代:月平均12,000円、ガス代:月平均8,000で計算。

使った電気より、太陽光発電で創った電気の量が上回ったときは、その余った電気を自動的に電力会社に買い取ってもらえます。

※上図は一例です。電力契約や地域、条件により異なります。

太陽光発電システムを設置すると、太陽光発電により一般家庭の約30%に当たるCOを削減。地球温暖化防止に大きく貢献することができます。

※本シュミレーションは参考値であり、実際の発電量を保証するものではありません。

<シュミレーション条件>○太陽電池容量:4kWシステムにて換算、方位:真南、勾配:5寸。○NEDO((独)新エネルギー・産業技術総合開発機構)/(財)日本気象協会「日射関連データの作成調査」(平成10年3月)を使用し、地域別年間予測発電量を算出しています。○太陽電池容量は、JIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュール出力の合算値です。実使用時の出力(発電電力)は日射の強さ、設置条件(方位・角度・周辺環境)、地域差、及び温度条件により異なります。発電電力は最大でも次の損失により、太陽電池容量の70%~80%程度になります。●太陽電池損失/温度補正係数(3~5月及び9~11月):9%、(6~8月):12%、(12~2月):6%●パワーコンディショナ損失:5.5%●その他の損失(受光面の汚れ、配線・回路のロス):5%

環境にも家族にもやさしい太陽光発電システムは10年保証。長きにわたって安心してご使用いただくことができます。

■補償の対象(商品ご購入時、10年保証のお申込み後必ず保証書を受け取り保存してください。)

1.保証の対象機器に製造上の不具合が発見された場合。(お客様の故意、または過失による場合は対象外となります。)            2.製造上に起因する太陽電池モジュールの割れ、性能低下を伴う外観変化。                                         3.JIS C 8918の6.1(性能)に示された公称最大出力の81%未満となった太陽電池モジュール。

※パワーコンディショナ収納箱、カラー表示ユニット(1年保証)は対象外です。

万が一の自然災害(台風、落雷等)にも安心の補償制度もご用意しています。                                        (地震、津波、噴火等、補償の対象外となる自然災害もあります。)

※保証、補償内容は各メーカにより異なりますので、詳しくはお問い合せ下さい。

  

  

  

現在最も多く使われている太陽電池は、半導体の材料にもなるシリコンを用いた太陽電池です。
シリコンに光が当たると、電気的にプラスの性質をもった正孔と、マイナスの性質をもった電子が発生します。これを光起電力効果と言います。                                                                                    シリコンには、正孔が集まるp型シリコンと、電子が集まるn型シリコンがあり、太陽電池はp型とn型のシリコンが重ね合わせてできています。このため、発生した正孔=プラスの電気はp型シリコンの層へ、電子=マイナスの電気はn型シリコンの層へ引き寄せられ、電池の+と-の状態と同じになります。                                                                        p型シリコン・n型シリコンのそれぞれの表面に太陽電池で発生した電気を取り出すための電極を形成し、電球やモーターのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。

 

 

  

①太陽電池モジュール                                                                         太陽の光を受ける太陽電池モジュール。ここで電気を創ります。

②接続箱                                                                                 発電した直流電流をひとつにまとめパワーコンディショナへ供給します。

③パワーコンディショナ                                                                        直流電流を家庭用で使う交流電流に変換。システム全体をトータルにコントロールし、安全で効率的な運転を自動管理します。

④計測ユニット                                                                               作動状態や発電量を常時計測し、データをカラー表示ユニットに送ります。

⑤カラー表示ユニット                                                                            発電電力量や発電状態を数字またはグラフなどでわかりやすく表示。環境貢献への状況や結果が一目瞭然です。

⑥分電盤                                                                                 交流電力に変換された電気を家庭内のコンセントや家電製品などに分配します。

⑦電力量計                                                                                電力の販売および購入は、発電量に応じて自動的に行われると共に電力量計に記録されます。

  

  

  

太陽光発電は、「太陽電池」を用いて、太陽光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。
石油や石炭などの化石燃料は、CO排出と枯渇の問題がありますが、太陽光という無尽蔵に降りそそぐエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化する環境問題・エネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。エネルギー源の確保が簡単で、発電の際には地球温暖化の原因とされるCOの排出が全く無く、クリーンで地球に優しい特長があります。                                                 日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、その導入量のさらなる増加が期待されています。

※自家用車平均燃費:10km/L、年間走行距離:10,000km、ガソリン換算                                               ※杉の木1本あたりの吸収量:14kg

長期にわたって使用可能な質の高い住宅ストック社会の形成をめざして「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2009年6月4日にスタートしました。                                                                           「いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」ことで、建て替えの繰り返しによる廃棄物を抑制し、環境負荷および国民の負担を軽減し、より豊でより優しい暮らしへの転換を図ることが目的です。

耐久性(劣化対策)                                                                       数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。                                                      通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置。

耐震性                                                                                極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。                                                      大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。

維持管理・更新の容易性                                                                                構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。                                                                                 構造躯体等に影響を与えることなく、配管の維持管理を行うことができること。                                        更新時の工事が軽減される措置が講じられていること等。

省エネルギー性                                                                                必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。                                                                         省エネ法に規定する平成11年省エネルギー基準(次世代省エネ基準)に適合すること。

その他                                                                                住環境(街並み等)への配慮、建物の面積などの様々な条件があります。また、維持保全計画書の策定など、計画的な維持管理も必要となります。

                                                             

[住宅履歴情報の作成・保管]                                               必要に応じて、建築時の図面や写真、メンテナンス履歴などの住宅履歴情報の作成・保管を行います。

 

 

 

 

飛栄建設の長期優良住宅施工例はこちらから

 

所得税の優遇                                                                          -住宅ローンがある場合-                                                                   住宅ローン減税を一般住宅に比べて拡充します。                                                       平成21年度税制改正においては、過去最大規模の住宅ローン減税が実現されました。

※所得税からの控除に残額が出た場合、翌年度分から住民税を減額します。控除額は所得税の課税総所得金額などの額に5%を乗じて得た額(最高9万7,500円)です。

-投資型減税-                                                                           長期優良住宅の新築をした場合の所得税額の特別控除。                                                        長期優良住宅を取得しようという方のうち、住宅ローン減税制度を活用しない方を対象として所得税を控除します。控除の対象となるのは、長期優良住宅にするうえで性能を強化するためにかかった費用です。この性能強化費用の10%相当額をその年の所得税から控除します。 ただし、性能強化費用が500万円を超える場合、500万円が限度額となり、その10%が控除額となります。

その他の税制優遇

※平成24年度の与党税制改正大綱を基に作成しております。今後の国会審議等により変わることが有りますのでご注意下さい。

長期優良住宅に対応した住宅ローンの供給支援                                                         長期優良住宅の認定を受けた住宅について最長50年の住宅ローンを供給【フラット50】できるよう、住宅金融支援機構が支援します。

優良住宅取得【フラット35】Sの拡充                                                           住宅金融支援機構の優良住宅取得支援制度【フラット35】Sエコ(金利Aプラン)において、認定長期優良住宅等に係る金利優遇の期間を当初5年間は金利0.7%引き下げ、6年目以降20年目までは金利0.3%引き下げとなります。                           ※【フラット35】Sエコは平成24年4月1日以後のお申し込み分から適用されますが、制度拡充終了日は平成24年10月31日を予定しています。【フラット35】Sエコには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、制度拡充終了日を前倒しすることとなります。また、融資率の上限については、建設費または購入価額の10割から9割に引き下げられます。

→詳細は住宅金融支援機構まで

長期優良住宅、【フラット35】Sに関するお問い合せはこちらから

 
 

ひとつの箱を途中で少しずらすことでナナメの線が長くなります。この仕組みを家づくりに応用したのがLand Made SYSTEMです。     平面的な設計で家を考えるのではなく、そこに『ナナメウエ』を織り込んで立体としての空間から着想するプランニングに重点を置きます。                                                                              土地と空間を最大限に活用し、コストを抑えながら広々と暮らせる画期的な環境を生み出します。

 

住宅を床面積(㎡)で考えるのではなく、容積(m) で捉えて空間利用率を高めるのが『ナナメウエ』の着想です。                土地の制約を受けない縦発想の空間づくりにより、床下や小屋裏のスペースも活かしながらコンパクトで機能性の高い空間を追求するため、たとえば、床面積22坪の家で容積は30坪の家を上回る空間を確保することができ、建築コストの抑制にも貢献します。

 

 

スキップフロアを活用することにより、空間をずらして視線を延ばすことができます。よってより遠くまで見渡せるようになり、空間の広がりが増すことになります。これが『ナナメウエ』の空間プランニングです。             同じ広さなのに、より広く感じる空間マジックです。                キッチンから、少しフロアが上がったリビングを見上げたり、逆にリビングから、少しフロアが下がったキッチンを見下ろしたり、開放感は格段に違ってきます。

 

 

「家を小さくつくる」からと言って、収納スペースを犠牲にすることはありません。むしろ、収納力が増すのがこのLand Made SYSTEMのメリットです。                                        スキップフロアによって床下や小屋裏の空間を最大限に活用することができ、通常の約1.5倍もの収納力を実現します。

 

 

 

 

北向きの部屋は暗いという常識はLand Made SYSTEMには通用しません。                                         採光に対する考え方の基本は、北向きの部屋でも自然光だけで新聞が読める明るさを確保すること。                            窓を設置する位置、窓の形状や大きさ、さらにはガラスの種類まで緻密に計算し、南からはもちろん北からも自然光を採り込みます。

 

 

 

たとえば、キッチンで料理しながらお子さんの勉強する姿が見渡すことができます。キッチンでお母さんがひとりぼっちになることなく、リビングにいる人たちとお互いに顔を見合わせて会話ができます。些細なことかもしれませんが、家族の絆を深める大切なワンシーンとなります。

 

 

 

 

都市部になるほど、住宅設計に頭を悩ます土地形状が増える傾向がありますが、そういうケースになるほどプランニング力を発揮するのが、Land Made SYSTEMです。                                                                 土地購入から家づくりを計画する場合、住宅建築にかけられる予算は土地の価格に大きく左右されます。「きれいな形の四角い土地」は希少物件で高価なのに比べ、たとえば狭小地や変形地は物件数も多く、しかも価格がリーズナブル。浮いた予算を建築コストや家具購入にまわすことができます。

Land Made SYSTEMでは、住宅設備を検討する前提として、経年変化に左右されない「ゆとりを生み出すサイズ選定」にこだわっています。そのうえで、特に水まわりについては、快適・便利・安全・省エネなどの機能面においても信頼性の高いパナソニック製を標準装備しています。

 

 

 

 

 

 

←『ナナメウエのイエ』カタログのお申込みはこちらから(無料

ページ上部へ